情報商材でお金稼ぎ -詐欺情報や不況に負けるな!-

実際に稼いでいる情報商材の紹介と怪しい商材レビューも行ってます

稼げる記事を書く方法について。 

時間が空きましたが、
ちょっと前の記事の続きです。

どうやれば稼げる記事を
書けるようになるのか、について書きます。

で、結論から言うと、経験ですね。

前に書いたように

-----
この記事を読んだ人が
どういう気持になるだろう?

どういう物を求めているのだろう?

ということを考えながら書く
-----

わけですよね。


それで商品を紹介して、
実際に紹介した商品を購入してくれたら、
成功です。

逆に、購入してもらえなかったら失敗です。

ここでの成功、失敗はどちらでもいいです。
そりゃあ、成功するのに越したことはないですけどね。


で、どうして購入してもらえたのか(成功したのか)、
どうして購入してもらえなかったのか(失敗したのか)

その理由を考えるのです。

そして、次も同じような記事の書き方をする、とか、
違うやり方で記事を書く、という事をしていけばいいのです。

ガンガン記事を書いて、考え、
稼げる記事の書き方を見つけるのです。


ただ、独学でこのやり方をしていくと、
なかなか稼げる記事の書き方に
辿りつけないと思いますので、

まずは、情報教材に書かれている
書き方で試してみてください。

基本的に、情報教材に書かれている
記事の書き方は、

記事が書きやすい割に、売れやすかったり、
効果が高かったりする場合が多いので。

例えば、NEOノンバト(改)
書かれている記事の書き方は、

どういうキーワードでアクセスを呼び込んで、
1ブログ当たり、○○○文字程度で、
○○を参考にして○記事程度書いて下さい、

みたいな感じで書かれています。

多分見たことがない人は、
見たらビックリすると思いますよ。

正直な所、かなり適当ですので。

私も、こんな記事でいいのか!?
って感じました。


で、そこを出発点として、稼げた記事、ブログ、
稼げなかった記事、ブログを更に検証し、

あなたなりの、
より稼げる記事の書き方を見つけて下さい。

情報商材でお金稼ぎ・・・のTOPへ戻る

なんだかここ数日、周りで色々なものが・・・ 

ちょっと予定を変更して、
ちょっとしたことを。

コレも分かる人にだけ
分かる記事です。

気のせいかもしれませんが、
この5月末、

私の周りではたくさんの情報教材が
一気に出てきている感が・・・。

主に水面下で。

特にブログ・サイトアフィリエイターの人は
悩んでいるのではないでしょうか。

ただでさえ、モバイルフレンドリーが云々、
とかで浮き足立っている感じなのに・・・。

後は、無料オファーも
相変わらず、多いですね。


で、何を買おうか~とか、
どれに登録しようか~とか、
悩んでいるかもしれません。

定員や時間は限られていますから、
悩むのも仕方がないと思います。

でも、少なくとも、「全部買う!」
とかそういうのは止めましょうね。

その選択は、お金と時間の無駄に繋がります。

もしも購入するのなら、
1つの情報教材を購入して、
その1つに集中して下さい。

後は、「何も買わない!」
という選択肢もあるということ。

忘れないで下さい。

どうか、どうか、
後悔なき選択を。

情報商材でお金稼ぎ・・・のTOPへ戻る

隠密なアフィリエイトについて 

今回は、記事のタイトルで
分からない方はスルー奨励です。

どうも、某隠密なアフィリエイトについての
質問が多いのですよね。

こういうのって、私じゃなくて、販売者さん等に
した方がいいと思うのですけど・・・

まあ、どんなものなのか、
怒られないであろう範囲で書きます。


まず、基本的には
ブログやサイトを量産するノウハウです。

後、NEOノンバト(改)を少しでも実践していないと
わからない箇所等が出てくるかもしれません。

といいますか、
ノンバトで書かれているところは
説明が省かれていたりしますね。

ですので、少なくとも、
アフィリエイトって何?レベルの

初心者のかたが手に入れても、
ワケが分からないと思います。


そして、作業量は、少なくとも、
NEOノンバト(改)よりは多くなっています。

ですので、前述しているマニュアルを持っていて、
作業量が多いな~と感じている人は、

今回のものを手に入れると
「うわ~」って思うかもしれません。


で、稼げるかどうかは、
まだ分かりません。

というのも、ほぼ全ての提供コンテンツが揃ったのが、
GW明けぐらいだったので、まだそこまで実践できていないのです。

稼げそうではある、というか、
本気で実践すれば稼げない理由がない、
とは思いますけど。


という感じで
いろいろ書きましたが・・・

正直に書くと、

数回に分かれてきた
関連のメルマガを読んで、

コレは絶対に手に入れないと!!
と思わないのならば、必要ないかと。

数量限定で販売されるはずですので、
そういう方は他の方に譲ってあげて下さい。

以上、内緒のお話でした。

情報商材でお金稼ぎ・・・のTOPへ戻る

自分が満足するのではなく、見る人を意識した記事を書く 

前回の続きです。

自分自身の力を
100%出しきった記事を書くことよりも
大事なことについて書きます。

それは、見る人を
意識した記事を書くということ。

この記事を読んだ人が
どういう気持になるだろう?

どういう物を求めているのだろう?

ということを考えながら書くと、
自然に紹介する商品が決まってきますよね?

そうすると、稼げる可能性が高くなります。


ああ、後、適度に
「抜いた記事」を書くのもいいです。

これ、説明が難しいのですが、

いい意味で適当な記事、
と書けばいいでしょうか。

私もよく陥るのですが、
ムチャクチャ丁寧に
記事を書き過ぎちゃうんですね。

結果として、
かなり固い表現を使ってしまったり、
凄い文字数になったり・・・。

で、あまりにも難しい表現を
多用していたり、

長文過ぎたりすると、
読む気、失せません?

いくら、いいことが書かれていても、
難解だったり、長すぎるとダレるんですよね。

短すぎるのもダメだけど、
あまりにも長過ぎるのも考えものです。

これも、読む人のことを考えて、
というのに当てはまるかもしれませんね。


じゃあ、次回は、

どうやればそんな記事を
書けるようになるのか、

書きますね。

情報商材でお金稼ぎ・・・のTOPへ戻る

完璧を目指す必要は全くない 

今日も仕事から帰ってきて、
ザクザクッ!とキーワード掘ったり、
しゅばばばばっ!っと記事を書いたり、
サイトを作ったりしてます。


この作業、じみ~に時間がかかるのですけど、
以前と比べると、明らかに作業時間が減りました。

理由は色々あります。

1つは作業に慣れること。

作業に慣れると、同じ作業量でも
作業時間は減っていきます。


そしてもう一つ。

完璧を求めなくなった、ということ。

例えば、記事の書き方。

1時間以上かけて、

自分自身の思っていることや
経験、その他もろもろを
100%、いや、120%出しきって、

あ~でもない、こ~でもない、と修正しつつ、

自分の中では完璧な記事を1本、書いたとしましょう。


そんな記事を書き終えたら、
「ひと仕事やったわ~」的な感情や、
ある種の満足感も得られるかもしれません。

もしかしたら、程よい疲労感を
味わうかもしれません。

・・・でもそれ、「お金を稼ぐこと」には
直結しにくいのです。

だって、その記事、大抵の場合、
「書いた本人が満足してるだけ」なのです。


当たり前のことですけど、

アフィリエイトって、紹介した商品を買ってもらって、
お金を稼ぐことが目的ですよね?

じゃあ、購入するのは?

もちろん、記事を書いている
「あなた以外の誰か」です。

ということは・・・

あなたが「会心の出来だ!」と感じている記事でも、
他の人が読んで、微妙だと思ったら・・・

商品を購入しない、
つまり、稼げないんですよね。


私が完璧だと思っている記事だから、
他の人も気に入ってくれるに違いない。

そう思うのは勝手ですけどね。
「世の中そんなに甘くない」のです。


あ、一応書きますけど、完璧な記事を書くこと自体を
否定しているわけではないのですよ。

やりきった~的な
満足感を得ること自体は、
悪いことじゃないですし。


ただ、時間をじっくりかけて
記事を作っても、

他人からの評価がいまいちだと、
稼ぎには直結しない、

ということが言いたいのです。


だから、稼ぐことに力を入れるのなら、
ムチャクチャ時間かけた渾身の記事を書くよりも、

もっと大事なことがあるんですね。

次回はそれについて書きます。

⇒こういう記事を書いたほうがいいですよ。

情報商材でお金稼ぎ・・・のTOPへ戻る
プロフィール

ごなごな

Author:ごなごな
こんにちは!
ごなごなといいます。

このサイトでは
少しでもお金を節約する方法と
少しでもお金を稼ぐ方法を
紹介していきます!

私の詳しいプロフィールはこちらに・・・

応援感謝しています

人気ブログランキングへ
全記事表示リンク


fx