情報商材でお金稼ぎ -詐欺情報や不況に負けるな!-

実際に稼いでいる情報商材の紹介と怪しい商材レビューも行ってます

自分が満足するのではなく、見る人を意識した記事を書く 

前回の続きです。

自分自身の力を
100%出しきった記事を書くことよりも
大事なことについて書きます。

それは、見る人を
意識した記事を書くということ。

この記事を読んだ人が
どういう気持になるだろう?

どういう物を求めているのだろう?

ということを考えながら書くと、
自然に紹介する商品が決まってきますよね?

そうすると、稼げる可能性が高くなります。


ああ、後、適度に
「抜いた記事」を書くのもいいです。

これ、説明が難しいのですが、

いい意味で適当な記事、
と書けばいいでしょうか。

私もよく陥るのですが、
ムチャクチャ丁寧に
記事を書き過ぎちゃうんですね。

結果として、
かなり固い表現を使ってしまったり、
凄い文字数になったり・・・。

で、あまりにも難しい表現を
多用していたり、

長文過ぎたりすると、
読む気、失せません?

いくら、いいことが書かれていても、
難解だったり、長すぎるとダレるんですよね。

短すぎるのもダメだけど、
あまりにも長過ぎるのも考えものです。

これも、読む人のことを考えて、
というのに当てはまるかもしれませんね。


じゃあ、次回は、

どうやればそんな記事を
書けるようになるのか、

書きますね。

情報商材でお金稼ぎ・・・のTOPへ戻る
初めまして、ごなごなさん。
つい、自分が書きたいように文章を書いてしまいがちですが、
ブログやサイトを見てくれる人のことをもっと考えないと
いけないなと思います。
ありがとうございました。
[ 2015/05/27 05:49 ] [ 編集 ]
ケルさん

はじめまして、
コメントありがとうございます。

アフィリエイトは、訪問してくれる人が
行動してくれないと稼げませんから。

その人のための記事を書かないと
稼ぎにくいですよね。

お互い頑張りましょう。
[ 2015/05/27 23:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ごなごな

Author:ごなごな
こんにちは!
ごなごなといいます。

このサイトでは
少しでもお金を節約する方法と
少しでもお金を稼ぐ方法を
紹介していきます!

私の詳しいプロフィールはこちらに・・・

応援感謝しています

人気ブログランキングへ
全記事表示リンク


fx