情報商材でお金稼ぎ -詐欺情報や不況に負けるな!-

実際に稼いでいる情報商材の紹介と怪しい商材レビューも行ってます

私の詐欺商材・悪徳商材、そして優良商材の考え方 

今回は私の現在の考え方をぶつけています。
正しいことであるとは思いません。
気に入らない人もいるかもしれませんので
気をつけてください。


当ブログでは
詐欺商材・悪徳商材(もしくはそれに近いもの)は
基本的に薦めないというスタンスをとっております。

しかし、詐欺商材・悪徳商材
優良商材との線引きは誰が、どこで行うのでしょうか?

私は正直に言いますと
「私という個人では明確な線引きはできないのではないか」
と思います。

なぜなら悪徳商材・詐欺商材かどうかは
手に取る人によってかなり変わってくるからです。
(もちろん法律や規約に完全に違反している行為を奨励する商材はダメです)

手に取った人が
「この商材は詐欺だ!」
「全く値段に見合ってない!」
「前に買った情報と似ている!」
と思ってしまうと
その人にとっては悪徳・詐欺商材になります。

それでは、逆にどういった商材が優良商材となるのでしょうか?
誰がやっても同じように稼げる商材が優良商材なのでしょうか?

はっきり言いますが
どんな優良商材であったとしても
まるっきり商材に書いてある通りに実行すれば稼げる!
というものはまずありえないとお考え下さい。
(もしくは一時的に稼げたとしてもすぐ飽和してしまいます)

情報商材として世に出た時点で飽和が始まっているのです。
なぜ稼げる情報をわざわざ情報商材として公表するのか…
(しかも数百万円も稼げる「らしき」情報を高くても数万円で・・・)
その理由を考えてみてください。

そういう考え方をもつと
これさえやれば必ず儲かります!的な
スタイル系の情報商材なんて買いたいと思いますか?

私がお勧めしているこれこれ
そのマニュアルの丁寧さや優しさもありますし、
飽和しにくいという利点もあります。
サポートも非常に充実しています。

そして何よりも、その拡張性が高いものであると感じたためです。
非常に応用が効きやすいのです。


・・・結局何が言いたかったのかといいますと、
どんな詐欺商材でも優良商材であっても
極端に言うと、情報商材は「教科書」「参考書」でしかないということです。

学生の方はわからないかもしれませんが
一度でも社会に出た人は分かると思います。
「教科書どおり」にやってうまく行くと思いますか?

その「教科書」で得た知識を生かすも殺すも自分次第です。
基本的には自分で動いて稼ぐしかない、不労所得なんてない。
(近いものはないとは言い切れませんけど)
そこを間違えないようにしてください。

以上、長文失礼しました。

その2を追加しました⇒■


情報商材でお金稼ぎ・・・のTOPへ戻る
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ごなごな

Author:ごなごな
こんにちは!
ごなごなといいます。

このサイトでは
少しでもお金を節約する方法と
少しでもお金を稼ぐ方法を
紹介していきます!

私の詳しいプロフィールはこちらに・・・

応援感謝しています

人気ブログランキングへ
全記事表示リンク


fx